弁護士と顧問契約を結びたいと考えたときに重宝されるのが、法律事務所などを始めとした、弁護士が所属している事務所です。弁護士とのコネや伝手が無いという場合によく利用されるのがこちらの法律事務所ですが、法律事務所は、具体的にどのような流れで弁護士と顧問契約を結ぶことが出来るのでしょうか?法律事務所を利用した際には、このような流れで顧問契約を結ぶことが出来ると言えるでしょう。

まず初めに、法律事務所にアポを取り、法律事務所に出向くところから始まります。ネットや電話などで詳しい話を聞いたうえでの面談になりますので、ある程度は話し合いがスムーズにいくと言えるでしょう。法律事務所によっては直接アポなしで話をするようになるタイプもありますので、気になる法律事務所がある方は、システムを確認してから依頼をするようにしましょう。

次に、法律事務所によっては、審査が行われる場合があります。依頼主の身元はきちんとしている人か、企業主の場合、違法行為が行われている企業ではないか、実際に存在している企業かどうかなど、問題が無いかどうかを確認してから依頼を受ける事務所も多いと言えるでしょう。こちらも法律事務所によって異なります。

審査終了後、晴れて弁護士を紹介され、お互い問題が無いようであれば、顧問契約を結ぶ流れとなります。顧問契約を結ぶ際には必要書類への記入を行い、契約という形で顧問契約を結んでいくのですが、書類は法律事務所側が用意してくれることがほとんどです。